0927

やあ久しぶり。

3月からブログ書いてないってよ。

ちょうど半年くらいだや。

 

あれからいろんなことがあったようななかったようなな毎日で、7月から神とオシャレタウンで同棲を始めました。

2Kの広いようで狭いような部屋で、エレベーターがないのに3階の部屋。

同棲、楽しすぎる。

鬼の残業でくたくたになって帰ったときに男前がいる風景 is so goooooood!!!って感じだ。

最近は神の影響で日常会話に英語が混ざるようになってきて気持ち悪いです(神は沖縄生まれアメリカかぶれ)。

なんかあったらwtfっていっちゃうのほんとうによくないと思う。

ルー大柴状態。

ほんとうに。

よくないぞ!

 

あとなんだ、そうだ最近はフルーツグラノーラにはまってるよ。

牛乳のんだらお腹壊すから甘めの豆乳で食べてる。

ドライフルーツがすきだからすきにきまってるんだよな。

でもレーズンがきらいだからぼそぼそのけながら食べてる。

あおちゃんが食べれないものは全部神が食べるよ。

 

違う。

こういうほのぼの日記が書きたいんじゃねんじゃ。

みんなたちお察しのように今回は同僚くんの話をしようと思います。

久しぶりの日記で違う男の話て。

 

【前提】

神は最高。

絶対に神と結婚するし、同棲解消も別れるつもりも毛頭ない。

向こうがあおちゃんを好きすぎるのも、捨てられることが有り得ないのも事実。

 

で、本題。

わたしと同じく2年目の同僚くんと最近急激に仲良くなってきたよ。

1年目のときはまったく仕事を一緒にすることがなかったけど、今年はかなり一緒にやっている。

仕事をまじめにがんばってて、ほぼ365日24時間働いて、シャチョーに殴られてもなぜかずっと働いてる。

給料めっちゃいいのかと思ったら、ただでさえ低いわたしよりも低い。

能力があるんだから転職すりゃいいのにってずっと思ってる。

そんな同僚くんは沖縄出身の芸大卒の映像畑の同い年。

前髪が長くて彫りが深い、マジでただの沖縄顔、別にかっこよくない。

ぼーっとしてて声が小さくて一人称が「僕」。

でもしぬほどいいひとで、あぁわたしは神がいなかったらこのひとのことをすきになっていただろうなあとぼんやり思わせるような感じ。

中身はただの映画・アニメ・音楽オタク。

 

このあいだ他の同僚も一緒に八月の鯨(映画のカクテル作ってくれるバー)行って、終電組ふたりが帰ってからも3時間くらいふたりでぐだぐだ。

そのときにやわそうな手と長い前髪の奥のよどんだ眼を見てあーいまならホテルいってもいいなーと思った。

 

★ここから下めちゃくちゃ趣味の話なので読み飛ばしていいです。

 

わたしがスーサイドスクワッドを頼んだとき同僚くんはグリーンインフェルノを頼んで、すごくつよくてまずくてウエーってなったけど、グリーンインフェルノおもしろかったよね!!ですごく盛り上がった。

飛行機のプロペラで頭粉砕して死ぬとこ笑っちゃったっていったら、僕は黒人3分クッキングで腹抱えて笑いました、って。

こんな会話できるとは思わなかったから興奮して腕ぶんぶんふりまわしてしまった。

ていうかまず初めに酔拳をオーダーした時点であっすき!ってなったんよね(酔拳もウエーな味だった)。

そのあともシーオブザデッドみた? オカマやばない?とか、

キャビンあれ最高だよね、とかファニーゲーム大笑いした、とか

僕のエリの輸入盤はクソとか、エクソシストキルズはほんとうにファック、、、とか

こんなに話が合うのは奇跡と思った。

わたしの狭い世界のなかではこんな偏った映画を観ているひとはほとんどいなくて、B級映画の話をすきなだけしたこともなかったかもしれない。

でも映画の話もさることながら、

「僕ねえ、中学生のときに大槻ケンヂに感化されたんですよ」

このひとことで徹底的に打ちのめされた。

わたしは「わたしも!」という簡単な返事ができなくて、思わず「わかる…新興宗教オモイデ教から入ったよ…」となぜかオタク独特の自分語りをしてしまった。

僕はロコがすきです、と嬉しそうに返事する同僚くんをみてきゅんとしてしまい、あっけなくわたしは「同僚くんがすきだな」になった。

お酒が入っていたし、趣味が完全に同じってことでハイになっていたのかもしれないが、でも確かにあのとき恋する感触があったのだ。

 

などという御託は置いておいて、わたしはいま山口美甘子であり大橋賢三になったなあと最初に思った。

山口美甘子オーケンの小説「グミ・チョコレート・パイン」に登場するカルト映画がすきな美少女……あおちゃんは美少女じゃないです。

主人公大橋賢三は俗物なクラスメイトを莫迦にしつつ夜な夜な名画座に通う日々、クラスのやつらはこんなすばらしい映画があるなんて知りっこない、おれは他のやつらとは違う人間なんだ、という自尊心のかたまりみたいな痛いヤツ。

なんか説明が前後してしまったけど、とにかくそういうキャラクターがいて、大橋賢三と山口美甘子は名画座で出会って、同じ趣味の人間が近くにいたなんて!とお互い思う。

で、ふたりは名画座デートで愛を深め、やがて結ばれる……なんてことはなく、賢三の片思いなんて実らず、美甘子は無常にも遠く離れた存在になってしまうのだが。

 

ともあれそういう関係に憧れていた中学生のあおちゃん。

もう10年も前の話。

いつか、わたしの趣味(そんなに特殊なものでもないけど田舎にはいなかった)を完全に共有してくれる、すごくアングラでサブカルで男前な彼氏ができるんだろうなと懸想していた10年前。

B級映画オーケンテクノポップ、アングラアート、耽美派小説、シリアルキラー、そういうものがわたしの思春期にはずっとついてきた。

24歳になるまでそれを完全に理解してくれる彼氏はできず、

もちろんいまの彼氏に不満はないが、一緒にそれらを楽しんでくれはしない。

そんなときにまさに完璧な人間が降って湧いて出て来てしまった。

降って湧いたわけではなく同じ会社で働いていたわけだ。

 

★趣味の話はここまでで、あとはただのぐだぐだ。

 

そんな風に同僚くんをすきだなーと思い始めて1週間とちょっと。

出勤するのが前より苦痛ではなくなったよ。

しんどいのに代わりはないけど会社にいけば同僚くんがいるかなーの気持ち。

 

最近の夜は、神と同僚くんの顔を思い浮かべながらデパスを1mg飲んで寝ています。

 

罪悪感よりワクワクがつよいというのが本音。

浮気というよりも、純粋な遊び心といいたい。

まだ浮気はしてないからね、念のため。

広告を非表示にする

0307

みんな元気?

ここ数週間で学んだのは、

 

●元彼の家に行ってはいけない

●たいてい落ち着いて話はできない

●でも荷物は引き上げられる

●殴られると痛い

●鳩尾を殴られると呼吸ができなくなる

●瞼が切れると血が止まらなくなる

●第三者の暴力行為による怪我は保険がおりない

●案外「階段から落ちた」でみんな納得する

●ふつうにトラウマになって怖い夢を見たりする

●痣は赤黒くならずいきなり黄色くなる

●あおちゃんは男運がない

 

こんな感じ。

まさかあんな漫画みたいに殴られるとは思わなかったので、一周まわってもうネタ。

といっても一部のひとにしかいわないし、いまの恋人にはいうつもりがないけども。

 

大事にしてたのに裏切られたとかいわれたけど、その大事にしてた女をボコるのはなんなんだよ。

友達でいてって泣かれたけど、そんなんもう二度と会いたくないし、むりやり本も貸されたけど(次会う口実に、って)捨てるからなこんなもん。

なんであんなのと4年近く付き合ったのか、一気にさーって冷めた。

もう1ミリも気持ちがいってない。

せめて友達でいれたらーとかそんなことちょっとでも思ったわたしがアホやったんや。

 

恋人とはほぼ同棲状態ですけどいまはふたりで引っ越すタイミングと部屋を探す毎日ですイエイ。

広告を非表示にする

0103

 

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくね。

 

急展開よ。

あおちゃんの恋愛様相が急展開。

 

ひょんなことから昔からすきだったイラストレーターのイケメンと知り合って、デートして、もう付き合う寸前まで来てる。

年末の一ヶ月めちゃくちゃ怒濤だった。

疾風怒濤。

 

むしろなんで付き合ってないのって感じ。

おはようからおやすみまでLINEしてて、最近はおやすみの電話もして、向こうがいきなり「なにしてるー?」ってビデオ通話かけてくるまでになってる。

え、これは、なに本当に。

 

イケメン、業界では本当に顔がいいと有名で、某漫画家に初対面で顎ガッて掴まれて「顔がいいからって調子のってんじゃねえぞ!」っていわれた逸話があるくらい。

本当に顔がいい。

顔がすき。

ただわたしにしてはめずらしく可愛い系の顔。

髭はあるけど。

そしてわんこ。

 

愛されるってこんなに幸せなんやなって感じ。

わたしはこの半年とちょっと、がんばりすぎたから、神様がかわいそうに思ってイケメンをくれたんやと思う。

 

元ホストさんはね、ひどいよ。

いま仕事でもあからさまにシカトされてる。

明らかにこっち見ないからもう笑っちゃうわほんとうに。

手を出したのはそっちやからな。

わたしの好意につけ込んだのはそっち。

わたしも悪いけど元ホストさんはもっと悪い。

 

いま完全に感情が無なんだよな。

 

とにかく、1/9にイケメンとお泊まりデートをとりつけたので、精一杯幸せになります♡

今度こそ絶対幸せになる♡♡

 

 

広告を非表示にする

1211

 

本日のあおちゃんは会社に泊まりです。

長い長い文章を書きます。

 

夢が叶うということについて。

例えば来月あの服買おうとか来年こそは海外旅行しようとか3年以内に100万貯めようとか、仕事をリタイアするまでにマンションを買おうとか。

そういう短期〜長期的な目標って誰でも抱くもので、そのために仕事をがんばろうとかちゃんと勉強しようとか、そうなるもので。

わたしは社会人になるまで短期的な目標しか持ったことがなくても、それも全てきれいに叶ってきている幸せ者。

妥協や努力をしたことがない。

挫折もほとんどしたことがない。

それは例えば受験や就活においても同じで、あの高校に行きたいとか(まぁこれは選択肢が他になかったからどうにでもなるものだったけど)、あの大学に行きたいとか、あの勉強をしたいとか、アートに携わる仕事がしたいとか、文章を書く仕事に就きたいとか。

 

全部、ほぼすべて叶ってしまったのだった。

 

そこでわたしは「市販される本の奥付に編集として名前を載せる」という目標を立てた。

編集者として、というよりも、その本が成立する過程に携わったという意味で。

4月からのわたしは、ともかくその夢を叶えるためにプロジェクトのアシスタントとして精一杯やった。

バイトもしたことがないのにいきなりすごい会社に入ってしまったと後悔はしたものの、この会社では毎日想像もつかないようなことが起こり、離職率120%の職場で、辞めたいと思う暇もなく12月を迎えている。

そうして、夢が叶いそうなので大変焦っている。

叶いそう、というより、本日付けでどうやら叶ってしまったようだ。

現在は展覧会の図録を作っており、1211は原稿の校了日だった。

奥付にわたしのフルネームが記載されている原稿をオンラインで受領し、わたしは動揺した。

また努力もせず、というと人聞きが悪いが、楽しんでいるうちに夢が叶ってしまった。

もちろん大した扱いではないが、奥付に載ったことは事実で、その本は市販される。

 

というような話をサブカルさんにした。

すると「元ホストさんにはいつ本気だすの」と言われてしまい、わたしはまた動揺した。

サブカルさんはわりとえげつない男で、仲はいいけれど信用できない男というのものの筆頭だと思う。

だから元ホストさんとセックスした話はしていない(そういえばこれも短期的な目標のひとつで、少しだけ努力した珍しい案件だ)。

「周りを振り回してでも手に入れろよ」

「ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん、だよ」

と借り物の言葉でわたしを煽るサブカルさんは、それでも彼なりにわたしのいまの状況を楽しんでいるようで、結構きちんと相談に乗ってくれる。

 

今回とにかくはっとさせられたのは「もう告白しろよ」という言葉で、そういえばわたしはきちんと告白をしたことがないなあと。

きちんとした告白ってなんなんですかね。

すごく恥ずかしいからしたくない。

すごく恥ずかしい、などと処女のような反応をしてしまうのも恥ずかしい。

でも真面目な話をしないと、わたしと元ホストさんの関係はなにも変わらないどころか、悪化してしまう気さえする。

 

ということでブログを書くという作業にも飽きてきたところなので、年内に叶えられたらいいな、という短期的な目標を書いておしまいにする。

 

元ホストさんにきちんと告白して、2016年を迎えたいです。

 

この後も仕事は続きます。

みんなたちはおやすみね。

 

広告を非表示にする

1130


ほんとにさぁもう。
だらだら書きます。
あとから読み返して恥ずかしくなるやつ書きます。

あのタクシーのなかで時間がとまってればよかったのになって何回も。

きれいにふられたならまだしも、やりすてってひどすぎると思う。
どうせわたしには時間を割くだけの価値がないんでしょうね。
胸はないし気は利かないし、どうせフットワークが軽いだけの若い女です。
かわいくなくはないから、それは別にいい。
というかわたしはかわいい(自己暗示)。

でも元カノがモデル風美女(笑)らしいのでわたしじゃ物足りないでしょうね。
要らない情報だったなぁこれ。
なんで聞いてしまったんだろう。
好奇心は猫をも殺す。
死にそう。

うええ。

今日はね〜お局さんの送別会。
クビになっちゃったんじゃないかともっぱらの噂だけどそれは別にいい。
元ホストさんが確実に来るから、勝手に気まずい。
気まずく思ったら負けって思ってたけど、やっぱり思うよな〜。
会いたくないけどめっちゃ会いたい。
わたしが会いたくないなあって思ってるときはやたら構ってくるから、今日もやっぱりそうなんだろうか。
それとも向こうも少しは気まずく思ってくれてるんだろうか。

なんでセックスしてしまったんだろう、、って昼下がりのオフィスでこんな日記書いてるあおちゃんもあおちゃんだと思う。
だって仕事する気ないもん。

初恋の、だいすきなひとに一週間前にやりすてされて、気を確かに、って方がむりやと思う。

まあ、そういうひとだって分かってたんですけど。
でもまだ嫌いになれないし。
たぶん今日顔見たらまただいすきに戻るんやと思う。
夏の旅行でもあんだけ泣いて絶望してうなだれたのに、結局だいすきになってしまったし。

ほんとにねぇこんなにひとをすきになったのは初めてなんですよ。
しかも一目惚れ。
おめでたいなあ。

去年の2月か〜会社説明会があったの。
元ホストさんがかっこよくて一目惚れして、部署の説明なんかなにも聞いてなかった。
そのまま採用されて、半年とちょっと。
(いまだに新人って呼ばれる)

一緒にいられるだけで幸せやったんやけどな。
どんどん欲深くなっていく。
欲しがりなのは生来の病気。

今日ふたりで帰れないかな。
文句いいたいや。

どうせあのひとともあの子ともやってるんですよね、って。
元ホストさんの部署ってみんなそうなんですか、って。
あんまりイメージよくないからやめた方がいいですよ。
なんでわたしがあのとき新宿に行ったか知ってますか。
元ホストさんのことがすきだからです。
いまもすきです。
初めからずっと元ホストさんのことがすきです。
バリスタさんとかサブカルさんとか、そういうすきじゃないです。

うえぇん。

また誘ってください、っていっていいかな。
それは別に、単純にお酒飲みたいし、セックスはあってもなくてもいい。
というか、わたしに選択肢はない。

便利な女にすらなれない可哀想なあおちゃんはどこに向かうんだろうね?

 

 

広告を非表示にする

1124


ほんとにだめ。

22日の夜中に元ホストさんと流れでセックスしてしまって完全に自己嫌悪の波が来ている。
とりあえず各位に報告はしたけど、だからどうしたっていう。
セックスするのがひとつの目標だったからいまどうしたらいいかわからない。
目標であり、次の段階への手段だったんだけどな。
次の目標ってなんだろうな。
とりあえず、2回目があればいいなと、淡い期待を抱いている自分がめちゃくちゃイヤ。

こういうポエム日記を書いても仕方ないんですよ。
建設的なこと書きます。

割と生々しい内容でごめんなさい。


○うれしかったこと
・LINEくれて一緒に飲めたこと

・迷子になってたら迎えにきてくれたこと
・元ホストさんの行きつけの(というか先輩がやってる)お店に行けたこと
・みんなに紹介されたこと
・「それほんとに後輩? 彼女じゃなくて?」って言われまくったこと(本人は否定してたけど)
・カウンター席の下でずっと手を握ってもらえてたこと
・逆隣りには絶対元ホストさんに惚れてる女の人が座ってたけど、その人のこと放ってわたしに構ってくれたこと
・いい匂いっていってもらったこと

(なんか悲しくなってきたけどまだ続けます)


・「寝るまで一緒にいて」っていわれたこと
・タクシーのなかでちゅーされたこと
・膝枕で寝てくれたこと

・誰もいれないっていってた家にいれてくれたこと

・玄関先でぶっ倒れたら引っ張ってってくれたこと

・シャワー浴びる余裕くれたこと

・電器消してっていったら消してくれたこと

・朝一緒に職場まで行ったこと

 

○いやだったこと

・全然知らないひとばっかりの飲み会に放り込まれたこと

・明らかに元ホストさんのことすきな女の人と席を近くにされたこと

・わたしより先に完全に潰れたこと

・本当に帰ろうと思ってたのにタクシーに引っ張り込まれたこと

・むりやりされそうになったこと

・口だけでいいのかと思いきや最後までやられたこと

・いびきと歯ぎしりがうるさくてまったく寝られなかったこと

・朝全然ふつうの顔してたこと

・次の日連絡くれなかったこと

 

書いてて思ったけどうれしかったことが多すぎる(泣)

でもいやだったことの比重が重すぎる(号泣)

きらいきらいでもすき!って今日何回もなってるの。

病気かな。

たぶん病気。

目つむったら元ホストさんが出てきてウワーッてなる。

かっこよかったしかわいかったし、あの時間はほんとうに幸せだったのに。

うえぇん。

髪の毛柔らかかったな〜とかそんなん。

あとやっぱりタトゥーはダサかった。

 

すき。

きらい。

 

 

広告を非表示にする

1107

 

あおちゃんinオフィス

 

昨日の夜から元ホストさんにLINEシカトされている。

仕事関係のLINEなのに。

単発の質問なのに。

ただ単に「いまやってる個展の次って誰扱うんですか?」って質問なのに。

いくら忙しくても「忘れた」とか「知らね」とか返事できるやろ!

あんた知らんときは「知らない」って返事するやんいつも!!

(尚、同期に対しては「知らん」だったので、あおちゃん相手には優しいんだなあとどうでもいいところできゅんしたことがあると告白します)

 

ていうか、知らないわけないんだが。

マネージャーやん。

契約してんのあんたやん。

腹立ってきた。

 

でもすき。

 

既読ついただけ、ましだと思おう。

でもしあわせのハードルがどんどん下がるのってよくないとも思う。

 

一緒に飲んだ、しあわせ。

かまってもらえた、しあわせ。

LINE続いた、しあわせ。

向こうからLINEくれた、しあわせ。

LINE返事くれた、しあわせ。

LINE読んでくれた……返事はまだない←いまここ

 

全然しあわせやない。

ましってだけで。

 

元ホストさんはどうやら月曜からがっつり京都の様子。

寂しいけど絶対オフィスこないと思うと、手抜き出勤ができてよい。

 

元ホストさんなんかきらいやほんと。

 

 

広告を非表示にする